回向文について
経典の読誦のあとに回向文を唱える、経典の読誦によって自らが得られた願いの現在と未来の幸、あるいは先祖の霊に対しての報恩感謝の心 その功徳を他の人にも回し向ける祈念の文である。回向文としては「願以此功徳 普及於一切 我等与衆生 皆共成仏道」 和文として「願わくは此の功徳を以って普く一切に及ぼし、我らと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを」 自己が積んだ功徳を他者に施す、阿弥陀仏は、あらゆる人々を救ういう願い(本願)をもって仏となった。その本願の慈悲の力が、かぎりない光明として生きとし生けるものに注がれているという。回向文につづいて各宗派の仏の名を唱えて終わるのが常である。「南無大師遍照金剛」「南無妙法蓮華経」「南無阿弥陀仏」「南無釈迦牟尼佛」として合掌礼拝に終わる。
ホームへ