お彼岸とは
春分と秋分の中日を「彼岸」といい、各寺院は中日をはさんで前後各三日の一週間を「彼岸会」として7日間の彼岸供養をする。
各家庭ではおはぎを作って仏壇に供え、先祖を供養し お墓に詣でる。
この「彼岸」ということばは、インドの古語・梵語(サンスクリット語)のパーラミーターの漢訳「至彼岸」の略である。生死流転のこの世界(此岸)から、涅槃の世界(彼岸)にいたる、という意味である。そこで太陽が真東(誕生)から真西(死)に沈む中日には、浄土に生まれた先祖を偲び、今日ある自分を育ててくれた先祖に感謝するとともに、自らも彼岸に到達できるよう各宗派の信仰を実践にあてて精進することが彼岸である。
ホームへ