なぜ、お経をあげるのか?

お経は、それを唱えるだけで功徳があるとされています。お経の深い意味を解することはできなくても、すでにその言葉には力が備わっているわけである。
そこで、お経を読むという事について考えてみましょう。お経を読むということは、まず言葉を発するということである。そして、これは祈りの言葉であると言うことである。そして実行すること
経を読みつづけていると 気がつくことが必ずあるものです それを実践する そこに意義があり お経の真髄でもあります。また、形として姿勢がある お経を上げる ということは目的がある供養と自身に対してのありがたい功徳が書かれています。
戻る