お盆の意味
お盆供養、正しくは「盂蘭盆会」うらぼんえ と申します。これは「佛説盂蘭盆経」という経典によると、お釈迦様の一番弟子の目連尊者が亡き母の行く先を神通力で見たところ、母親は餓鬼界で苦しんでおり、目連尊者はなんとか助けようとお釈迦様に苦を救う方法を乞い、修行期間が終わる7月15日に仲間の僧達に「百味の飲食五薬」を施すことによって、母親が餓鬼界の苦しみから救うことができた、という経典から盂蘭盆会の行事が始まったとされています。母親というものは常に我が子愛しさ、我が子がもし餓鬼界に堕ちるのならば身を変えても、と自らが餓鬼界に入ってゆくほどの慈愛に満ちています。そして「餓鬼」や「地獄」「畜生」の苦しみをうけているやもしれない先祖のために供養するのが盂蘭盆会の行事です。
お盆期間
ホームへ